流涙(りゅうるい)って…?

赤ちゃんの流涙(りゅうるい)

流涙はどうして起こるの?

赤ちゃんの涙道閉塞は、先天性のもので決してめずらしくありません。生まれた時点で涙道が開通していなくても成長に伴って自然に治ることが多く、一歳頃までには約90%に自然治癒がみられます。涙嚢マッサージという方法は自然治癒を助けると言われています。自然治癒ちゆがない場合、涙道ブジー(鼻涙管解放術)と言って、細い針金のようなもの(ブジー針)を涙道に挿入して、閉塞しているところを開放する治療や涙管チューブを一定期間挿入する治療を行うことがあります。
また細菌が涙道にたまって新生児涙嚢炎を起こすこともあり、抗生物質の点眼などを併用します。

このページの先頭へ戻る