メディカル情報

ご存じですか、現在の治療法?

経皮的血管形成術(PTA)
お役立ち情報

『経皮的血管形成術(Percutaneous Transluminal Angioplasty; PTA)』とは、血管の中に風船のついた管(バルーンカテーテル)を入れ、血管の狭窄や閉塞部でふくらませて、血管を拡張させる治療法です。さらに金属の管(ステント)を用いて拡張させる方法もあります。治療対象は、主に下肢の動脈や透析患者の血液アクセス(シャントこの言葉の解説ウィンドウを開く)の狭窄部位になります。

PTAはバルーンカテーテルの他に、シースという細く柔らかいカテーテルとガイドワイヤーいうカテーテルを誘導するためワイヤーのセットで使用されます。

下肢の場合、まずガイドカテーテルを主に大腿動脈この言葉の解説ウィンドウを開くから挿入して、ガイドワイヤーを下肢血管の狭窄部位を超えて前進させ、その後バルーンカテーテルをガイドワイヤーに沿って前進させます。カテーテルバルーンを狭窄部位に位置させた状態で膨張させて、狭窄部位を拡張します。その後、カテーテルバルーンを収縮させて体外に抜去します。

シャントの場合、シースこの言葉の解説ウィンドウを開くをシャント内に留置して、ガイドワイヤーをシャント内の狭窄部位を超えて前進させ、下肢と同様に狭窄部位を拡張します。


ページトップへ

製品ピックアップ
インターベンション
血液浄化
消化器
眼科
シラスコン
電気生理
検査機器
  • Adobe Reader(無料)のダウンロード
    PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無料)が必要です。