メディカル情報

最近話題の病気について、知ろう!

巣状(分節性)糸球体硬化症(FGS)
お役立ち情報

『巣状(分節性)糸球体硬化症〔Focal (Segmental) Glomerulosclerosis :F(S)GS〕』は、腎臓の糸球体この言葉の解説ウィンドウを開くの濾過機能が損なわれたため、血液中の蛋白質が尿中に漏れ出るネフローゼ症候群この言葉の解説ウィンドウを開くの1つです。糸球体全体が一様に異常になるのではなく、部分的に硬化した病変が見られることから、『巣状(分節性)糸球体硬化症』と呼ばれます。

治療には通常、ステロイド剤や免疫抑制剤などを投与しますが、薬物治療に反応しにくい症例もしばしば見られ、進行性の腎機能低下を示す予後の悪い疾患です。

ネフローゼ症候群はしばしば高脂血症この言葉の解説ウィンドウを開くを伴い、高脂血状態が腎障害を進行させる大きな要因になっています。LDLアフェレシス治療により血液中のLDLコレステロールを除去することによって、薬物療法では治療できないネフローゼ症候群の症状が改善されることが臨床的に認められています。


ページトップへ

製品ピックアップ
インターベンション
血液浄化
消化器
眼科
シラスコン
電気生理
検査機器
  • Adobe Reader(無料)のダウンロード
    PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無料)が必要です。